10/14 投資状況 週明けの予想をしてみる

10/14 投資状況 週明けの予想をしてみる

 

先週は2月に続いての大暴落が起こりました

 

なぜ起きたのか?何が原因?そんなに大きな大惨事なことが起きた?

 

2月のときと同じで???ばかりの状況です。

 

後付すれば何とでも言えます。金利上昇、世界情勢不安、貿易問題等いくらでもありますよね?

 

9月の上昇で巨額損失だしたところが今後のイベント考えるとここしか売り仕掛けできないなどとも言われてます。

 

ですが起きてしまったことは事実ですので今後の動きと底値の予想をしてみたいと思います。

 

 

 

週明けの動きの予想

 

週明け日本時間はあまり動きがないかあっても大きく上昇、下落もないかな?と予想します。

 

何故か?と言うと木曜日にダウが大幅下落がおきた時点で次に危険な日が月曜日のダウの動きと予想されてます。

 

それと転換日が月曜日か火曜日になりそうなのでそこは注意していきたいと思います。

 

ですが今回の下落はもしかしたら根深い下落になる雰囲気があります。気のせいであってほしいですが、、、

 

ですがまだ年内25000円の可能性もありますよ。

 

 

 

テクニカルの話

 

週末までの日経のチャート

 

 

木曜日と金曜日のロウソク足を検証します。

 

 

このどちらかと判断しますが微妙ですよね(笑)

 

あまりよろしくないチャートの形です(汗)

 

 

 

目先の下落の底は何処か?

 

2月の下落の値幅と同じで数値を計算するとどのくらいになると思います?

 

21800円位と仮説を立てます。

 

あくまでも下落した場合の目先の予想であって

 

もちろん月曜日から大幅高で切り返して先週は何だったの?

 

単なるふるい落とし?なんて事ももちろんありますので事実は相場に表れるはずです。

 

 

 

先週の下落で思ったこと

 

ダウの大幅下落にビックリされた方は朝起きてパニック売り狼狽売りされた方が多かったので寄りは大幅安で始まりましたが

 

2日間終わってみれば木曜日の初日の寄り底でほとんどが多少なりプラスで金曜日引けてました。

 

テクニカルで見てもボリンジャーのレンジから大きく開いたらテクニカル通り戻って来てますし

 

移動平均線やストキャス、RCI等どれをとってもレンジ内の動きの印象です。

 

日経24400円の時に購入された価格にはまだまだなので辛い方もいらっしゃるとは思いますが

 

まだ長期目線での下落か上昇かのジャッジは下されてませんのであまり悲観せずにいたほうが良いと思います。