12/10 初心者のための株取引情報 投資状況と独自スクリーニング

初心者のための株取引情報 投資状況

日経平均の動き

マザーズの動き

為替の動き

上海総合指数の動き

先物手口情報

空売り比率

騰落レシオ

 

日銀ETFの動き

 

 

独自スクリーニング銘柄

 

 

 

本日の気になること

 

本日はまさかの日経暴落でした、原因と思われるのは

内閣府が10日発表した7~9月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動を除いた実質で前期比0.6%減、年率換算では2.5%減だった。速報値(前期比0.3%減、年率1.2%減)から下方修正となった。法人企業統計など最新の統計を反映した。

 

QUICKがまとめた民間予測の中央値は前期比0.5%減、年率2.0%減となっており、速報値から下振れすると見込まれていた。

生活実感に近い名目GDPは前期比0.7%減(速報値は0.3%減)、年率は2.7%減(同1.1%減)だった。

 

実質GDPを需要項目別にみると、個人消費は前期比0.2%減(同0.1%減)、住宅投資は0.7%増(同0.6%増)、設備投資は2.8%減(同0.2%減)、公共投資は2.0%減(同1.9%減)。民間在庫の寄与度はプラス0.0ポイント(同マイナス0.1ポイント)だった。

 

実質GDPの増減への寄与度をみると、内需がマイナス0.5ポイント(同マイナス0.2ポイント)、輸出から輸入を差し引いた外需はマイナス0.1ポイント(同マイナス0.1ポイント)だった。

 

総合的な物価の動きを示すGDPデフレーターは、前年同期に比べてマイナス0.3%(同マイナス0.3%)だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

最近海外の悪いニュースばかり取り上げられて日本の株式市場は海外の動向で動いてるみたいな記事ばかりですが

実際は日本も海外に負けないくらい悪い指標を発表してます(笑)

それを表すかのごとく本日の株価は空売りはさほど入ってないのに下げたってことは資金が抜けたって事になります。

日本人がアメリカの雇用統計等を気にするのと同じで外国人からすれば日本のGDP値は気にしてます。

気にしてるレベルではなく最重要指標の部類ですが国内では既読スルー状態でわざと触れないようにしてます。

日本の株は外国人次第で上がるも下がるもしますので危険な雰囲気です

ですから今は本来株は買うものですが今は空売りするか利確してキャッシュ比率高くするが正解です。

そして今週はメジャーSQ週ですので先物手動で大きく振り回されるので気をつけてください

先物業者もイマイチなパフォーマンスと聞いてますので先週も無理やりふるい落とししてましたので

 

ですがすべての銘柄が下がったわけではなくチャート崩れてない銘柄もありますので悲観なさらず

強い銘柄に付いてけば利益上がることは可能です。

 

7564ワークマン
3698CRI・ミドルウェア
3967エルテス
4391ロジザード
7805プリントネット
2415ヒューマンホールディングス
3990UUUM

 

よく調べれば他にもチャート崩れてない銘柄あるはずですので調べて見ましょう~